全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

第8回スキルアップ研修その4

第8回スキルアップ研修その4

名古屋市のウィンク愛知で,12月14~15日に開催された,今年度のスキルアップ研修第1日目「行政報告」のご紹介です。
厚生労働省 社会・援護局総務課 熊坂 洋三氏

「地域生活定着促進事業の実践と課題等について」
 講師:厚生労働省 社会・援護局総務課 熊坂 洋三氏
厚生労働省 社会・援護局総務課 熊坂 洋三氏

【感想】
地域生活定着促進事業の効果として、実際に再犯率が減っていることを挙げられました。また今後の地域共生社会の実現に向けた取組で社会福祉法改正(平成30年4月施行)に伴う、「我が事・丸ごと」の地域作り・包括的な支援体制の整備についてご紹介いただきました。

地域に帰住し住民となる出所者は複合的な問題を多く抱えており、橋渡し役である地域生活定着支援センターは、問題を克服するための様々な領域をつなぎ合わせる役割を必然担っており、力を発揮していく部分は大いにあると思いました。

富山県地域生活定着支援センター 西田

コメント



認証コード0612

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional