全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

研修のご案内(千葉県)

研修のご案内(千葉県)

障害児・者相談支援事業全国連絡協議会主催の研修『触法障害者への支援と相談支援の課題』についてのご案内です。詳細は添付をご覧ください。
開催要綱
募集要項・申込書

以下は添付のチラシから転載:

1.趣 旨:
今回の研修会は、「触法障害者への支援と相談支援の課題」をテーマにして開催いたします。

刑務所等の矯正施設に収監されている知的障害児・者の多さが報告されています。また、自閉症等の発達障害が支援対象の大きなグループを占めるようになり、さまざまな問題行動とそれに伴う触法の問題も相談支援の重要な課題になってきています。相談支援事業所には、施設や医療機関、警察や法曹などとの連絡・連携のもと、収監後の「出口支援」や起訴前の「入口支援」だけでなく、犯罪を起こす前の予防や指導などの多岐にわたる支援が求められ
ています。

障害福祉現場が「苦手」としてきた「触法」の問題を掘り下げて参加者とともに検討したいと思います。多くの相談支援事業に係わる皆さまのご参集をお待ちしています。

2.主 催 : 障害児・者相談支援事業全国連絡協議会
3.期 日 : 平成30年1月29日(月)~1月30日(火)
4.会 場 : ホテルグリーンタワー幕張
千葉県千葉市美浜区ひび野2-10-3 TEL:043-296-1122
5.対 象 者 : 相談支援事業に関わる関係機関職員、都道府県・政令市・中核市・市町行政担当者等
6.研修内容 : 全体テーマ 「触法障害者への支援と相談支援の課題」

【1日目:1月29日(月)】
行政説明 : 厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 障害福祉課 地域生活支援推進室 相談支援専門官 大平 眞太郎 氏

講 演 Ⅰ 「発達障害児・者の反社会的行動とその支援」独立行政法人国立重度知的障害者総合施設 のぞみの園 事業企画局研究部 部長 志賀 利一 氏

講 演 Ⅱ 「触法障害者への法的支援」辻󠄀川法律事務所 弁護士 辻󠄀川 圭乃 氏

【2日目:1月30日(火)】
シンポジウム 「触法障害者に対する相談支援の現状と今後の課題」
シンポジスト:
小樽後志地域障がい者就業・生活支援センターひろば(北海道) 所長 金子 宣裕 氏
児童発達支援センター仔鹿園・仔鹿園相談支援センター(奈良県) 管理者・園長 岡本 とも子 氏
チャレンジドまちかど相談室リンク(岩手県) 管理者兼相談支援専門員 近江 雅喜 氏
司 会: 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 教授 小澤 温 氏

講 演 Ⅲ 「触法障害者に対する地域定着支援」
NPO 法人 生活サポート千葉 千葉県地域生活定着支援センター センター長 岸 恵子 氏

コメント



認証コード3319

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional