全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

日伊シンポジウム(大阪)

ブログ

日伊シンポジウム(大阪)

日伊シンポジウム ボラーテ刑務所の奇跡~ソーシャルファームを活用した社会復帰~ 開催のご案内です。詳細・申込用紙はこちら

先着300名・要申込 申込締切:2017年3月13日(月)参加費無料

日時場所
2017年3月20日(月曜日・祝日) 13時00分から18時00分(会場12時30分)
龍谷大学深草キャンパス22号館101教室
チラシ
企画趣旨
本シンポジウムでは、イタリアと日本のソーシャルファームの実例から彼らの成功の秘訣を探るとともに、ソーシャルファームが持つ経済効果に関する研究についても紹介する。ソーシャルファームは単なる慈善事業ではなく、企業と社会が共生できる新しい価値の創造といっても過言ではない。さらに、本シンポジウムでは、社会協同組合を活用することで再犯率を1/3以下に低下させることに成功したイタリアの刑務所改革を、改革を推進した元所長本人が紹介する。それは、一言で言うと、刑務官や受刑者、そして地域社会の人々の心の中にある刑務所と社会を隔てる心の壁を壊すことである。

プログラム
12時30分 開場
13時00分 開会
13時15分「イタリアの社会協同組合と受刑者処遇」
13時45分「ボラーテ刑務所の挑戦 ~再犯率60%から18%へ~」
15時20分「ソーシャルファームの持つ経済効果」
17時00分「CAFE RESTAURANTほのぼの屋の挑戦~福祉からの脱却をめざして~」
18時00分 閉会
※事前講習会10時30分~12時00分「演劇を利用した受刑者の更生」
※逐次通訳あり

コメント



認証コード0692

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional