全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

北海道・東北ブロック専門研修

北海道・東北ブロック専門研修

今日が最後のブロック研修の紹介になります。昨年11月に秋田県で行われました。プログラムは、

  • 秋田県健康福祉部福祉政策課からの行政説明『矯正施設退所者の地域生活支援について』と、
  • 秋田定着による事例発表『精神疾患・障がいのある触法者の支援について』、
  • 千葉刑務所医務部長 宮腰哲生氏(精神科医)による講演『精神疾患・障がいの理解のために』です。
    資料は一括まとめて45ページあります。

ちなみに、昨日3月4日に全定協東京事務所で今年度2回目になる最後の会議がありました。
全定協東京事務所で今年度2回目になる最後の会議
全定協東京事務所で今年度2回目になる最後の会議逆方向から

全国6ブロックからブロック長6名、専門部会(政策実務・高齢福祉・研修)、事例チーム座長が集まり、平成27年度の主な事業、全国現任者等スキルアップ研修と、この6日間連続でアップしたブロック研修、そして『都道府県地域生活定着支援センターにおける連携支援の実態調査(事例)』についての振り返りと、平成28年度の事業や方向性について話し合いました。28年度は、研修の方で、今までとは違った趣向になる予感!?会員の皆様には、後ほど会議録を配信します。

コメント



認証コード7086

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional