全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

依存症の原因は脳でなく心?!

依存症の原因は脳でなく心?!

一年の最後の日にふさわしい(?)イギリスからの話題。Johann Hari というジャーナリストが長い年月をかけて書いた本から。引用元の新聞記事は長いので、ポイントだけ下に要約します。

※TEDのテープ起こしが日本語でありました、こちら。

字幕付き映像はこちら

・・・米国の薬物依存撲滅運動は、今までずっと、化学物質が脳を破壊するというプロパガンダのもと、行われてきた。下の写真は、その運動の中でよく使われてきた。

fried egg

しかし、私は自分の家族や、自分の愛するパートナーが薬物依存で苦しむのをずっと身近にしてきて、何かが違うと感じた。そこで、薬物依存の原因を突き止める旅に出た。その中で、衝撃的な事実を突き止めた。

Bruce K. Alexander という心理学者・大学教授が1970年代からずっと研究室で実験を続けてきた結果、依存症回復への道は、コミュニティにあるという方向性が示された。その実験とは:

従来のラットを使った実験では、下のようなケージに、一匹だけラットを入れて、コカイン水溶液と、普通の水を入れた場合、ラットがコカイン水を好んで飲み、結果として依存症になり、最後に死ぬ、というものだった。

standard rat housing

ところが、このBruce K. Alexander教授は、これに疑問を感じ、ラット・パークという、下のような、ラットにとって快適なコミュニティを作って、同様な実験をした。そこは、ラットのコミュニティになっていて、みんな自由に動き回り、家族を作ることもできる。

rat park1

rat park2

rat park3

rat park4

rat park5

このラット・パークに、コカイン水溶液と、普通の水を入れると、このコミュニティに住むラットは、ある例外を除き、普通の水しか好んで飲まなかった。

また、この教授が、前述の従来の実験のケージで、一人ぼっちでコカイン依存になったラットを、このラット・パークに移したら、しばらくして、このコカイン依存症のラットは、普通の水を好んで飲み、コカイン水溶液には手を出さなくなった。

このラット・パークが、依存症治療へのカギだということを、教授が科学的に説明しているページはこちら

コメント



認証コード3552

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional