全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

全定協ソフト普及研修

ブログ

全定協ソフト普及研修

昨日10月3日、新橋航空会館で、全定協データ管理ソフト『ライト2014』の研修(本年度厚労省補助事業の一つ)がありました。

全6ブロックから代表9人が参加し、講師のO氏と、全定協研修部会長 赤平氏と一緒に、朝から晩まで、みっちり過ごしました。大変充実した研修ではなかったでしょうか。

この9名は、『ライト2014』普及委員会の委員の方々です。顧問は、講師のO氏です。

  • 中国・四国ブロック代表:
    岡山県地域生活定着支援センターI氏
  • 北海道・東北ブロック代表:
    北海道地域生活定着支援センターI氏;
    岩手県地域生活定着支援センターS氏
  • 関東・信越ブロック代表:
    埼玉県地域生活定着支援センターH氏(委員長)
    長野県地域生活定着支援センターM氏(委員長)
  • 東海・北陸ブロック代表:
    福井県地域生活定着支援センターK氏
  • 近畿ブロック代表:
    滋賀県地域生活定着支援センターS氏
  • 九州ブロック代表:
    福岡県地域生活定着支援センターS氏;
    大分県地域生活定着支援センターK氏

2014/10/3新橋研修

彼らブロック代表9人は、それぞれが所属する地域生活定着支援センターを拠点に、担当するブロックに属する定着支援センターの『ライト2014』サポート窓口になって下さり、

各定着支援センターにとっては、インストールから操作方法の疑問まで、心強い味方になってくれます。

さらに彼らは、この素晴らしいソフトの全国的な普及に貢献し、将来的なバージョンアップのためにも、現場の皆様のご意見を参考に、助言や提案をして下さる、アドバイザー的役割を担ってくださいます。どうもありがとうございます。

このソフトを使うことにより、支援対象者に関わる活動記録が、全国共通のフォーマットで統一され、さらに、厚労省や各都道府県へ提出する統計データ処理に費やす時間と労力を軽減して、現場の皆様のお役に立つことでしょう。

『ライト2014』普及委員会の皆さんは、そう願って一肌脱いでくれたに違いない。それを率先してくれたのは、何と言っても、開発チームのO氏と技術者W氏です。皆さん、ありがとうございます!

何て素晴らしいんだっ!

コメント



認証コード0104

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional