全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

社会福祉士国家試験 Q.109

ブログ

社会福祉士国家試験 Q.109

第26回(平成25年度)社会福祉士国家試験 試験問題 【相談援助_理論】問題109

B社会福祉士は,地域生活定着支援センターに勤務している。刑務所から出所してきたばかりのCさん(42歳,男性)の支援について,Cさんとともに,支援を始めた地域活動支援センター,グループホーム,就労支援施設の職員と遠方に住む姉を交えて第l回目の話合いの機会をもった。Cさんは知的障害があり,数度,軽微な犯罪で刑務所に収容されたことがある。B社会福祉士は会議の席上で,Cさんに会議内容を分かりやすく説明し直したり,Cさんが言いづらいところは代わって発言した。そして,Cさんのこれからの生活の中で予想される困難を参加者全員で検討した。その上で再び罪を犯さずこれから送りたいとCさんが思う生活を,みんなで支えていくための方法を話し合い,相互の役割を確認した。

次のうち,B社会福祉士が行った援助内容を表すものとして,適切なものを2つ選びなさい。

l クラスアドボカシーの実施
2 ソーシャルサポートネットワークの構築
3 小地域ネットワーク活動の実施
4 リファーラルの実施
5 リスクマネジメントの実施

正解は2と5

解説はこちらが読みやすいが、この人の意見の部分が正しいかどうかは、皆さんのご判断です。

コメント



認証コード9859

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional