全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

平成25年度スキルアップ研修 報告&お誘い

平成25年度スキルアップ研修 報告&お誘い

本年度のスキルアップ研修は、今朝までで、175名の参加申込を頂いています。内訳は、

定着支援センターからの参加が61名、
司法関連からの参加が36名、
福祉関連からの参加が59名

です。

分科会は、6つの分科会で、第1分科会(高齢)、第2分科会(障がい)、第3分科会(依存症)がそれぞれ20名の申し込みが来ていて、第4分科会(少年)、第5分科会(女性)、第6分科会(定着限定)がそれぞれ34名ずつ来ています。

分科会の定員は、それぞれ大体100名で、一番申し込みの多くなった分科会一つだけが、それ以上になる予定です。

申し込みされた司法関連の人たちの内訳は、未だ事務局の手元に届いていないので、分かりませんが、下に書いたように、ちょっと気になったことがあったので、お誘いを致します。

それというのは、事務局は、本年度の全定協の事業の一環として11月に行った更生保護施設への実態調査アンケートの集計に入っている関係で、複数の更生保護施設と話す機会があります(指定と指定以外の両方の施設)。

その時、ついでにスキルアップ研修のお誘いもするのですが、11月半ばに事務局本部から全施設に郵送されている要綱をご存知ない方々も、いらっしゃるようなのです。

そこで、各都道府県の定着支援センターの皆さまからも、ぜひ、お声をかけて頂き、お誘いしてください。よろしくお願いします。

コメント



認証コード7250

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional