全国地域生活定着支援センター協議会は、矯正施設を退所した高齢・障がい者の社会復帰と再犯防止を支援し、全国のセーフティーネットの構築に邁進します。

再犯防止へ受け皿課題

新聞記事

再犯防止へ受け皿課題

知的障害のある40代の男性(累犯障害者だった)が、2007年に、当時3歳だった男児を歩道橋から投げ落として後遺症を負わせた事件で、男児の保護者が、この男性と彼が通っていた福祉施設に損害賠償を求めた訴訟が、大阪地検で和解したことに関する新聞記事です。

こちらから

コメント



認証コード4804

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional